小児科 看護師情報

201409291357_1.jpg

小児科に興味のある看護師さんへ

 
小児科求人の現状

小児科は人気がある、というイメージのとおり、「求人数<求職者」という構図が大きいのは事実です。
ですので、小児科のみでの勤務はなかなか難しいところです。もちろん募集がないわけではありませんが、求人が入ったらすぐに応募が入り決まってしまうことが多々あります。

病院でも小児科は人気の診療科です。そのため、数年はやむを得ず成人病棟で働いて小児科病棟の「空き」を待つ、という看護師さんも少なくありません。また、小児科病棟ではなく混合病棟で、そのうち小児科が数床のみ、という場合でも、そちらでの勤務を決める方も多数います。

小児科クリニックはとても人気の高い求人であり、特に求人数比べて求職者数が多いため、希望の求人に出会える方は多くはありません。このため、初めは小児科を希望していても、少しでも「子供に携われればいい」という考えから、「内科」や「耳鼻科」といった別の求人へ転職される人も少なくありません。

 
小児科特有の業務 - 親とのコミュニケーション

小児科経験者の方はご存知かと思いますが、病院・クリニックとも、通常の看護業務以外にも親とのコミュニケーションが非常に重要です。また、看護業務では、採血や点滴も成人と違い特別なスキルと言っていい程難しくなってきます。

 
大学病院や循環器病院でのお仕事

大学病院や循環器病院の小児病棟では、重篤な患者さんが多く、業務もよりハードです。
もっとも、保育士さんなどが在籍し、お遊戯などは保育士さんに任せ、看護は看護師さんが担当する、というように業務分担がしっかりしているため、より看護に専念できるというメリットがあります。
また、総合病院よりも求人が多いのが特徴です。
この他、小児病棟の特徴としては、内科から外科まで幅広く勉強できるという点です。成人の場合、「内科病棟」や「外科病棟」と分かれていますが、小児科はそこまで機能別に分かれていることはほとんどどないため、幅広い診療科の勉強ができるという利点があります。

 
小児科求人を探すには?

小児科求人は人気があるため、なかなか求人は出てこないのが現状です。ですが、人材紹介会社に登録し、小児科求人が出た際に連絡してもらえるようにしておけば、小児科病棟・小児科クリニックに転職できる可能性が高まりますので、ぜひお気軽にご登録下さい。
 
entry201608.png

コンテンツ

 
 

コンテンツ

メニュー

携帯サイトのページ


PC版と同じURLです
URLをメールで送る